2005年9月アーカイブ

お彼岸に、ちびっこたちがまた家を占領しに来た。今回は3匹の徒党を組んでやってきた。
部屋のなかにいると、もう、物は投げるし障子は破きそうだし、うるさいので外で遊ばせる手を考えた。シャボン玉だ。

100均で買ったプラスチックのコップに、洗剤と水を混ぜる。
ストローの先にハサミでちょっと切り込みを入れ、花形に広げる。
簡単手軽に遊び道具の完成だ。

しかし、子供というのは熱しやすく冷めやすい哺乳類。
「なんだ、また居たのか。終わったらとっとと帰れよ」みたいな感じで、あっという間に飽きてしまうのだ。
ひどいわヒロシったら!抱いたらもう用済みなのね!

そこで今度はストローをコップに突っ込み、静かに息を吹きいれてシャボンの山を作ってみた。
早速興味を持ったチビSに、きつく注意してコップを渡す。


さ「息を吸うんじゃなくて、吐くんだぞ?いいな、絶対吸っちゃだめだぞ」

チ「うん!」


はたして返事するのとどっちが早かっただろう。あれだけ念を押したのに勢いよくシャボン液を吸い込むチビS。


「うわぁ!うわぁやぐわぁーーー!」


口からシャボンを垂れ流しながら、庭を泣きながら駆け回るチビS。
お前は将来大物になるか、手のつけられないバカになる!

しばらくするとやっと泣き止んで、懲りずにまたやろうとする。
うん。いいよ、きみ。ナイスガッツだ。
身をもって学習したせいか、今度はちゃんと息を吐いている。うまくシャボンもたくさんできた。
やっぱり体験しないとわからな…
って、なんでまた飲むのーーー!!

どうやら息を吐いたあと、ストローから口を放さずそのまま息継ぎをしようとした模様。
さっきより確実にシャボン液はのどを通っていた。うえぇ。

それから30分あまり
「にがいよー!おみず飲んでも飲んでもにがいよー!」
と、蛇口にしがみついたまま号泣していた。
チビSには悪いが、こんなに楽しい彼岸ははじめてです。ははは。

知り合いが勤務する日本庭園が、近くにある。
そこで例年行われているという、月見会に行ってきた。運良く、空には満月の輝く夜だった。

庭園の歩道には蝋燭が立てられ、中央の池には灯篭が浮かんでいた。それはほんとに予想以上の美しさで、思わず感嘆の声をあげてしまった。
わたしは早速その輝きを写真におさめようと、持ってきたデジカメの電源をいれたのだが、なんと、一枚も撮らないうちに電池切れ!
前日、カメラを妹くんに貸していたのですが、彼女は電池を使い切って充電もせずに返してくれやがったのです。(せめてひとこと言ってくれれば…)

仕方ないので携帯のカメラで試みましたが、やはり全然だめですた。フォー!ノォー!


茶室で抹茶をすすりながら、庭を眺める。
すぐ影響されるわたくしは、家でもお茶をやろう!と決意し、翌朝には忘れるのです(笑)

帰り際、電子ピアノとフルートの生演奏を聴かせてもらった。
少し前に「スィングガール」という映画を観て楽器に感心を持ち始めたところだったので、そりゃもうすっかり管楽器の虜になりましたとさ。ちゃんちゃん。

合コンにいってきました。強制参加です。
なぜなら↓のようなことがあったので、埋め合わせのため。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=4903256&owner_id=126216

まぁ、メンバーがアレだったので、アレをアレして後ろからちょっとだけアレをアレくらい動かすぐらいでやめといたのですが、嬉しいこともありました。


「まことさんは28歳ぐらいですか?あっ、もうちょっと下?」

(""▽""*)


「声が素敵ですね。金城武に似てて、吹き替えみたい」

(""▽""*) (後半はよく聞こえない)


とてもいい気分になったので、気分が冷めないうちに途中で抜け出して帰りました。合コン楽しいなぁ。

マツキヨにコンドームを買いにいった。
新米らしいレジのコが、やたらと慌ててコンドームを紙袋に入れようとして床に落とし、すごい勢いでそれをしゃがんで取って、立ち上がりかけた途中に飛び出していたレジの台に頭をぶつけた。


「だ、大丈夫ですか?」


と声をかけると、ふらふらっと立ち上がり、


「すいめせん。すぐ温めなおします!」


と、わたしの後ろの客に向かって叫んだ。

そのまま帰った。

情報処理系の高校に入学して、はじめてパソコンに触れてから、かれこれ15年ぐらいになる。
そんじょそこらの友だちより、付き合いが長い。もしかしてもれってオ・タ・ク・?

高校時代は”Windows”なんて知らなくて、資格取得のために、プログラミングの学習をするためのツールでしかなかった。

社会に出て、就職しても、いわゆる”オフコン”と呼ばれるものに携わっていたので、エミュレータに向かってパチパチやっているだけだった。

*オフコン - http://e-words.jp/w/E382AAE38395E382B3E383B3.html
*3270エミュレータ - http://e-words.jp/w/3270E382A8E3839FE383A5E383ACE383BCE382BF.html

その後職場が変わり、メールによる情報伝達が一般化してきて、否が応にもWindowsなるものを使えるようになる必要があった。
その頃のバージョンはWindows3.1。
これを読んでいるひとのなかで、果たして3.1を操作したことのあるひとがいるだろうか…。

数年後、家庭の事情により会社を替えたわたしは、「パソコンの経験がある」という理由だけで、いまの会社のシステム担当になった。
うーん、なんてアバウトな会社(笑)
それでもやると言ったからには後にも引けず、学生時代もろくに勉強をしなかったのに、社会人になってから猛勉強をした。
質問をできる相手もいなく、そのころネットなんて接続されてなくて、本屋で立ち読みするときは2、3時間はいた気がする。
(参考書って高いのよっ!!

それからの数年で色々と学び、みんなから頼られるようになって、すっかり調子に乗った(笑)
入社当時たった5台ぐらいしかなかったパソコンが、いまではサーバマシンも含めて100台ぐらいになる。
仕事も、ソフトだけではなくハードもいじるようになった。もしかしてもれってオ・タ・ク・?

知人や親戚などから、パソコンの調子が悪いと言われて、休日に修理に行くこともたびたびある。
もちろん修理代なんて貰えないけれど、タバコをもらったり食事をご馳走してもらったりする。
先日伺ったT伯母さんには「修理してマコも勉強になったでしょ?壊れたらまた呼んであげるからね」なんて言われた。
それはまあごもっともなので、修理後にネジを2本ぐらい抜いてきてあげた。うふふふふふ。

(上記はすべてフィクションです)

○結婚式の招待状がきた。2通。どっちも10月。
 1日と2日。…アイフルさんこんにちわ。

○NANAを勃ち読み。視界の隅に、こっちを指差すギャルの姿。
 ふんっ。おまいらよりおれのほうが美肌ですから!
 (よくわかんない)

○テレビに映ってた ナマケモノ。誤って モノノケ と呼ぶ。
 妹くん大爆笑。
 「姫のほうかよっ!」と自らツッコミをいれる。
 が、とくに盛り上がりはしない。


あ?。だれかバイトないですか。
来月誕生日だっていうのに、これじゃあひもじいです。
お仕事待ってます。たまにナイスプレイもします。

説明しよう!台風効果とは?

タバコを吸おうとしたら風で飛ばされてしまい、慌てて掴もうとしたらちょうど目の前を通りかかった新人美人社員の胸を掴んでしまい、恥ずかしそうに目を伏せる彼女に「お詫びに今晩お食事でもいかがですか?」と訪ねたら「朝までいっしょにいてくれるなら…」と言われ、それじゃあ夜まで待つのもなんですからとふたりでいっしょに早退して、近くのラブホテルに行きましょうということになった。

といったものですが、実例はまだ報告されてません。

------------------------------------------------------

※暴風域にお住まいのみなさん!外出には十分ご注意を!

もう、10年以上前になるだろうか。社会人になりたてのわたしは、何か趣味を持とうと、以前から興味のあった写真に目をつけた。
当時、デジタルカメラはあまり普及しておらず、選択肢のなかには銀塩しかはいってなかった。
あれこれ悩んだ末、お金を貯めてカメラを手にした瞬間の喜びは、いまだに覚えている。

その後、デジタルカメラが普及しはじめ、どんな感じなのだろうと思って買って使ってみたら、すっかりその便利さに馴染んでしまった。
以後、3台目、4台目と、やはりデジタルカメラを買い続けている。

数日前、探し物をしているときに、銀塩で撮った昔の写真が出てきた。リバーサルフィルムを使っていたので、ルーペで鑑賞することができる。
ちょっとだけ、と思いつつ、しばらく写真を眺めていた。何の変哲もない風景写真を。
懐かしさとともに、得も言えぬ不思議な衝動が湧き上がってくる。
もしかして、すっかり使わなくなったカメラが、また日の目を見せてくれって、メッセージを送ったのかしら?なんて考えてみたり。

ここ数年、ずっとポートレイトしか撮ってこなかったが、また風景写真でも撮ってみようかと思う。
いつかまた、懐かしさを味わうために。

いつもなら、出張で外泊するときはビジネスホテルに泊まる。
ところが、今日は市内のどこを探しても、空いているホテルが見つからなかった。
きっと、間近に迫った万博終了に合わせ、たくさんの行楽客が宿をとっているせいだ。間違いない。

そこで今回は、いままで一度も利用したことのない、Mという旅館に泊まることになった。

旅館の玄関をくぐった瞬間に、股間の妖怪アンテナが警報を発する。
イマナラマダヒキカエセルゼ?
いや、困難に立ち向かってこそ、男も男根も磨かれるのです!

が、部屋に案内されて、早くもアンテナは萎え萎えになった。。。

1、廊下と部屋の境、障子
2、隣の部屋との仕切り、フスマ
3、貞子が映りそうな、鏡台
4、布団の長さ、180
5、ティッシュなし、冷蔵庫なし、時計なし、電話なし、、

こんなセキュリティのセの字もない部屋で、女将の夜這いにびくびくしながら朝日を迎えろっていうの!?
お金、返して!!(まだ払ってない)

なんて叫んでも仕方がないので、大人らしく、脚をはみだしたまま寝ますよー。ぐぅ