2010年10月アーカイブ

36歳になった。

「この1年で何か変わったのか?成長したのか?」と考え始めるとソワソワしてくる。
不安で、恐ろしくて、「大丈夫だよ」ってだれかに言ってほしくて。いい加減、"大人ぶったオトナ"ではなく、ちゃんとした"オトナ"になりたい。いつかの日までの短さを、心の髄から焦りたい。

「生きる」ことは「関わる」こと。関わることで繋がりが生まれる。 
繋がりは命綱であり。繋がりは鎖であり。
時折、大切であるはずのそれらを、全部引きちぎって逃げたくなる。
生きるために働き、生きるために食べ、生きるために眠る。
それだけで精一杯の暮らしを夢見る。
できもしないのに、だ。

あなたは何から逃げたいですか?
あなたは何を恐れますか?
時の短さを本当に理解していますか? 

誰かに問いかけることで、わたしがわたしに問いかける。
けれど答えは臆病だから、曖昧に、誰かの言葉にする。
正しく見えなければ、真実はすべて灰色だから。

 

36歳になりました。
まだみなさんの助けが必要なようです。
また会いに、来てください。