妹から、花嫁に

| コメント(0) | トラックバック(0)
何度か耳にしたことのある入場曲。
パイプオルガンの音色が鳴り響くなか、ゆっくりと開かれた扉の向こう、新郎新婦、つまりは、妹と彼氏の姿が見えた。
一歩ずつ、一歩ずつ、腕を組み、歩き進むふたり。
眩しい白のウェディングドレス、妹の姿をはじめて見た瞬間に感じたものは、大きな驚きでした。
はじめて、妹が、ひとりの女性であるということを発見した、という驚き。
それはとても新鮮な感情でした。

式はとても簡素なもので、指輪交換と誓いの口づけだけ。賛美歌もありません。
列席者も、両家合わせて7名のみ。
2階から式を見ていた見学者(外部のひとが見学できる教会らしい)のほうが多いぐらいです(笑)

なんだかんだいってもシスコンですから、絶対泣いてしまうだろうなぁと思ってました。
ところが、伯母さんと叔母さんが泣くのが早すぎて、「はやすぎやろっ」って心の中でツッコんでたら、泣くタイミングを逃しました。
だって、扉が開いた瞬間に泣き出すんだもん(苦笑)

母が家を出て、父と祖母が他界し、まだ高校生だった妹をずっと気にかけてきてくれたおばさんたちだからこそ、きっと誰よりも、妹のウェディングドレス姿に、感極まるものがあったんだと思う。
それにしても、ちょっと早すぎだけど(笑)

式が終わってから撮影の時間があって、入れ替わり立ち代わり、新郎新婦を囲んで、何台ものカメラで写真におさめました。
このときほど、自分と妹のツーショットを自分で撮りたい!(無理だけどw)と思ったことはありません。
撮ってもらった写真をあとで見ましたが、アングルとか寄り具合がイメージと違って、かなり残念。。
(撮ってくれた付き添いの方ごめんなさいm(__)m)

その後、着替えたふたりと、場所を変えてみんなで食事会。
終始なごやかで、温かくて、ほの甘い空気のなか、ステキな時間を過ごすことができました。
良い人たちに囲まれて、巡り会えて、本当に幸せです。

帰りの新幹線では、幸せを思い出す、、、こともなく、調子にのって飲みすぎた日本酒のせいで熟睡してました(苦笑)
重い荷物と重い身体を引きずって、家に着いたのは3時間後。
スーツを脱がないまま、そのままソファでまた寝てしまいました。。

夜中に目を覚まし、シャワーを浴びてひと息。
引き出物やら、お土産やら、なぜか大量に紙袋に入っている赤飯(笑)やらを片付けていると、封筒がひとつ出てきました。
いつどこで紛れ込んだのか記憶にありません。
封筒には妹の字で「あんちゃん」と書かれています。
訝しがりながらも封筒を開けてみると、なかには2枚の便箋が。

---------------------------------------

(前略)
早くにお父さんが亡くなって、そしてばあちゃんも亡くなり、兄妹だけでという状況でも大きな苦労をすることなく生活ができたのは、あんちゃんがいてくれたおかげです。本当に感謝しています。ありがとう。
(中略)
一番は身体が心配です。ちゃんと定期的に検査はして下さいね。私に子どもが出来たら、ちょっと風変わりなおじさんとして長生きしてもらわないと困るので。結婚も出来るならしてほしいけど、あんちゃんの人生なので元気でいてくれればそれでいいと私は思っています。
(中略)
これまで私を支え養ってくれて本当にありがとうございました。改めて心から感謝しています。

---------------------------------------

これを読んで泣いたかどうかは秘密ですが、もう、暗記するぐらい読み返しました(笑)
いまは、ふたりの写真とともに、父と祖母の遺影の隣に置いてあります。

早くに失ってしまった家族団欒の幸せを、これから少しずつ取り戻せるよう、切に願っています。
そして、ちょっと風変わりなおじさんとして、甥や姪に会えるよう、自分ももう少し生きていきたい。


本当に。本当におめでとう。
こんな兄に、感謝してくれてありがとう。
幸せに、たくさん長生きしてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://never-brand.com/mt/mt-tb.cgi/1963

コメントする